Do It Yourself!!
本来は、何でも自分の手でつくることを意味します。今では、日曜大工という意味で広く認知されるようになりました。
DIYのはじまり
家具やガーデニング、お部屋のリフォームを自分で行うことでクリエイティブなライフスタイルを実現できる「DIY」。

はじまりは、1945年のイギリス。
各家庭で自宅で使う家具やガーデニングで用いる棚などを、自分たちで作るようになりました。さらに、自宅の屋根や壁の修理、壁紙の張り替えなど、日曜大工を行う家庭が増えてきました。
やがてアメリカへ渡り、工具や資材を扱うホームセンターも各地に増え、アメリカ人の日常の中に自然と溶け込んでいきました。

各地に広がった理由は、自宅や家具の修理を低コストで行えることが大きな理由の一つ。工具や道具をそろえておけば、あとは必要な時に、材料を買い足していくだけなので、とてもリーズナブル。

さらに自分のこだわりたいスタイルやお気に入りのデザインに仕上げることができます。オリジナリティを大切にするアメリカ文化にぴったりです。

現代では、日本でもDIYの考え方を取り入れて、家具の修理や制作を行う家庭も増えています。

問題点
住宅の設計や建築、木材の性質や工具に関する専門知識の乏しい一般人が行うことから、完成後、欠陥が気になることもよくあります。

DIYは、自分でつくることにチャレンジするという考え方から、工作が得意でなくても、はじめてみようと考える人も多いためです。
結果、たとえば椅子だったら、足の長さに若干の誤差が生じガタついてしまったり、壁の塗装が均一に塗られていないといった結果になることもあります。

しかし失敗を重ねることで、経験値が高まりだんだんと上達していく面白さもあります。 ものづくりの喜びと工作の技術を高めるために、DIYをはじめてみたい方こちら。 当サイトでご紹介するいくつかのDIYに関するポイントを参考にしてみてください。