DIYの種類と特徴

日曜大工であるDIYには欠かせない木材。
天然の高級木材から細かな角材を繋ぎ合わせてできた集成材まで、木材と言ってもたくさんの種類があります。
用途に応じてそれらを使い分けることは、初心者にとっては難しいことです。そこで、ホームセンターで売られている代表的な木材についていくつか説明していきます。

木材の種類

・MDF(ミディアム・デンシティー・ファイバーボード) → 木材繊維と呼ばれる木の粉と接着剤を混ぜて固めてできたボードです。歪みはなく、デスクや本棚の板として加工するのに適しています。

・ポプラ → 主にマッチの軸や包装材に使われています。集成材ですが軽くてやわらかいのが特徴。接着性に優れており、割れにくいため、釘を打つのに適しています。

・マツ(パイン) → 価格がリーズナブルで、木工で主に使われている木材です。粘りと硬さが適度で長年使っていると、濃い飴色になっていくのが特徴です。集成材のため歪みや反りが少なく、強度があります。 ・ファルカタ → クラフトなど小物を入れる木箱などを作るのに適しています。ホームセンターで販売されている中でもっともやわらかい木材です。害虫の被害やカビの発生のおそれがあり、耐朽性が弱いです。

・ヒノキ → ヒノキの家具は高級な木材のため、重宝されます。木の香りを活かすためにも、ニスやペンキでの塗装をしないのが一般的。かんなを使って、仕上げるため、技術のある方に適しています。

・ホワイトスプルース → ヤニや臭いが少なく、比較的やわらかいのが特徴。建築材や家具として使用されるのが一般的。粘り気や強さはパインより少ないですが、集成材のため、使い易いでしょう。

・SPF → パイン、ファー、スプルースの総称で、軽くて加工が楽なため、人気が高い木材です。ただし、水に弱く歪みもかなりあるのが難点。技術に自信のある方向け。上手く加工できれば、家具として長く使えます。

・ラワン → 軽く、やわらかいのが特徴。害虫の被害に遭い易いため、耐朽性はありません。主に合板材として、家具や建築材などに使われます。

・スギ → 日本建築用の木材として古くから使われています。やわらかく、加工し易く、家の補修に適しています。色は、赤と白があり、赤いものの方が腐りにくく、強度があります。