DIYでプチリフォーム

DIYに慣れてきたら、いよいよ自宅のリフォームに挑戦してみましょう。ここでは、リフォームといっても基礎から建築学が必要なレベルではなく、プチリフォームについてご紹介していきます。

どこをプチリフォームするか

自宅の気になる部分をプチリフォームする場合、まずはどんな場所が思い浮かぶでしょう。リビング、キッチン、ベッドルーム、トイレ、お風呂、廊下、玄関とそれぞれの場所で改善したい所が思いつくでしょう。しかし簡単にプチリフォームする方法は、それぞれに共通している問題を見つけることです。

たとえば、収納に関して改善していくというのはどうでしょうか。それぞれの部屋で、普段使う物やあまり使わない物が乱雑に置かれている場合もあるでしょう。これらをきちんと収納するだけでも、お部屋の印象は大きく変わります。

収納アイテム

それぞれの部屋に合う、あったらうれしい収納アイテムをまとめてみましょう。

・キッチン
調理する場所の近くにあると便利なスパイス棚。煩雑になりがちなカウンターの上はには小さめのボックス。米や保存食、調理器具を収納できるキッチンワゴン。テーブルを使っている時は、キッチンワゴンがサイドテーブルとして使えます。

・リビング
カーテンレールの上に設置して、小物やぬいぐるみなどを飾れるギャラリーボックス。子供部屋や寝室にもあると便利です。物を収納できる椅子などもあると便利です。椅子としても使えるので、おすすめです。

・玄関
スノーボードやスキー板、ヘルメットやスケートシューズなど、玄関周りをすっきりさせる収納ボックス。幅の狭いドレッサーのような形が合っています。靴箱に入りらない季節外れのサンダルやブーツをここに収納すればさらにすっきりします。